世田谷区 APO幼児教室
なぜ注目される?プレゴールデンエイジ期
世田谷区 APO幼児教室
なぜ注目される?プレゴールデンエイジ期

世田谷区 APO幼児教室が才能を開花させる

世田谷区 APO幼児教室では、運動神経が形成される3~6歳の「プレゴールデンエイジ期」に基礎の身体を作ること、人間性を高めること、を目的としています。現在、世の中でも「ゴールデンエイジ」は注目されています。子供の成長の中で、最も吸収力が高い時期である為、このゴールデンエイジ期になにをしたら良いのか?なにをしたら今後にどう影響するのか?ということがポイントになります。ゆっくり考えている暇はなく、あっという間に過ぎてしまい、見落としがちな時期ですが、今後の成長において、最も重要視しなければいけない時期なのです。

最適な環境でお子様の可能性を広げる

ダンス

プレゴールデンエイジ期とは 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室ではプレゴールデンエイジ期に着目しています。

3~14歳前後に動きの習得や成長がピークになり、特に吸収力が高い時期のことを「ゴールデンエイジ期と言います。

そこから更に3つの時期に分けられ、3~6歳が「プレゴールデンエイジ期」、7~10歳が「ゴールデンエイジ期」、11~14歳が「ポストゴールデンエイジ期」となっています。

それぞれの時期に特徴があり、まず、神経回路のほとんどが形成され、運動神経が左右されると言われている時期が「プレゴールデンエイジ期」です。そこからできる動作の範囲が広がり、習得していく時期が「ゴールデンエイジ期」です。そして身体の成長にも合わせ、パワー・スピードといった技術のパフォーマンスを上げていく時期が「ポストゴールデンエイジ期」です。「プレゴールデンエイジ期」は、スポーツにおいて技術を高める為に、一番必要な基礎を身につけるのに最も適している時期です。

それぞれ能力の習得に優れる時期にその能力を高めることが、確実かつ、効率よく能力の習得ができます。

サッカー

運動神経はプレゴールデンエイジ期に形成される 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室で注目している、3~6歳のプレゴールデンエイジ期の成長過程で、神経回路が80%まで形成され、運動能力が決まる時期とされています。それ以降、神経回路はほとんど伸びることがなく、忘れることもほぼありません。子供の運動神経は5~6歳までに出来上がると言われています。また、自分の身体を自在に調整して動かすのが難しい時期なので、できる動きの中で動かしてあげることが重要となります。

その後、プレゴールデンエイジ期に作られた運動神経を利用しながら、動作の習得、パワー・スピードの習得、というように、更なる運動能力の向上へと繋がっていきます。

まずは、プレゴールデンエイジ期に質の良い運動神経を形成できているかどうかが、その後の子供の運動能力、競技のパフォーマンスに大きく関わっていきます。

運動だけでなく、音楽や芸術、勉強など、どんな能力においても、基礎を習得して段階を踏みながら成長していくことが上達の近道であり、確実な方法です。

テニス

上達への近道は成功体験 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室で注目しているのは、スポーツだけではなく、全ての動作や能力において、上達のきっかけとなる、「成功体験」です。つまり、「できた」という感覚を得るということです。成功体験を経験した時、それを習得したいと思い、習得できたら更にステップアップをして、また成功体験を経験したいと思います。それを繰り返すことで上達していきます。一度経験した成功体験を生かして次に繋げることができるので、早く確実に成功体験を得ることが重要となります。スポーツでいうと、競技が好きになることにも繋がります。なので、難しいことをいきなり習得しようとして、失敗ばかり繰り返しても上達には繋がらず、モチベーションも下がってしまいます。

子供は、自分の能力がわかっていない為、調整して成功させることができません。なので、大人が成功できるように調整をして、できることを指示してあげることで、確実に習得をして、上達、モチベーションの向上をも図ることができます。

体を動かす

競技に必ず繋がる能力の育成 世田谷区 APO幼児教室

 世田谷区 APO幼児教室では能力の育成の為に力を入れています。運動神経がまだ形成されていない子供にいきなり競技をやらせても、習得するまでかなりの時間と労力が必要になります。できないことをひたすら練習しても、上達に繋がらず、集中力もどこまで続くかわかりません。競技自体は、運動神経が形成され、身体の成長に合わせて動作の取得ができていく時期に始めることが能力の成長に繋がります。できる動作の中で基礎を身につけることで、それを利用して自然と難しい動作もできるようになるのです。子供はその応用力が非常に優れています

一番吸収できる時期にそれぞれの能力を身につけさせることが、一番その能力を磨くことができます。あとからその能力をつけようとしても、そのときに磨かれた能力以上になることは難しいです。

なので、APO幼児教室では、プレゴールデンエイジ期に一番吸収できる運動神経を高め、競技に確実に繋げる能力を身につけることに特価しています。 

シュート

子供の持つ応用力を最大限生かす 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区APO幼児教室では、子供の持つ能力を利用していきます。子供は、一つのことができると、それを応用してどんどんレベルアップしていくことができます。その応用力が子供はとても優れています。そんな子供の持つ能力を生かしてあげることが大人にできることです。

それは勉強にも言えることです。例えば、かけ算です。足し算が出来ない子が、いきなりかけ算の問題は解けません。時間をかけて九九を丸暗記したところで、それ以上の計算は出来ないですし、そのあと足し算が必要になったときには、他の子との差が大きくなっています。

APO幼児教室では、足し算から、更には足し算の前の数字に触れたり、計算に興味を湧かせるところからやっていくイメージです。

なので、スポーツ競技をやったときには、基礎がしっかりしている分、技術の成長が早く、どんどんスポーツを好きになっていくことが期待されます。また、スポーツを通して様々な感情が生まれ、人間性をも高めていくことができます。

CONCEPTコンセプト

世田谷区 APO幼児教室で能力と人間性を高める

サッカーボール持ってる

才能を見つけ可能性を広げる、世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室では、運動神経が形成される3~6歳(プレゴールデンエイジ期)の時期にスポーツにおいて、最も必要な基礎の身体を作ることを目的としています。多くの競技を自由に選択し、一流の指導者から指導を受けられる環境で、お子様の持つ才能を見つけ、可能性を広げていきます

更に、スポーツを通して、礼儀、マナー、仲間や人を思いやる気持ち、向上心、集中力、など強い精神力と人間性を高めていくことも目的の一つです。

「スポーツ」という軸から、能力はもちろん、お子様の「才能」「可能性」「人間性」を作り上げていく為に、最適な教育を、最適な指導者から、最適な環境で、提供させて頂きます。

ACCESS アクセス

世田谷区のAPO幼児教室は成城学園前にございます

概要

店名

APO幼児教室

所在地

東京都世田谷区成城1-2-7MEPOⅢ B1F

営業時間

10:00~19:00

電話番号03-5727-312103-5727-3121
定休日

不定休

スタッフ数

25名

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセス

・小田急線「成城学園前」駅 徒歩13分

・小田急バス、東急バス「東宝前」停留所 徒歩3分

サミット成城店さん駐輪場近く。1階に写真スタジオ「Studio f-1 Seijo」。黄色い外観3階建ての建物の地下1階です。

無料見学、無料体験授業も承っています。

お気軽に、世田谷区 APO幼児教室までお問い合わせください。