世田谷区 APO幼児教室
基礎 の身体作りの重要性
世田谷区 APO幼児教室
基礎の身体作りの重要性

世田谷区 APO幼児教室の整った環境

 世田谷区 APO幼児教室での考えとして、何事にも基礎」は一番重要で、最初に学ぶことです。いわば、土台となるところです。その土台がしっかりできていないと、いつどこで崩れてもおかしくない状態になってしまいます。逆に、土台さえしっかりしていたら、そこからは自分のを出して積み上げていくことができ、方向転換をしても土台が支えになってくれるでしょう。スポーツでいうと、その土台となるのが基礎の身体です。同時に、高い人間性の土台にも繋がります。重要な土台だからこそ、最適な時期に、最適な環境で作ることが必要となります。 

お子様の才能を見つ出す

レクレーション

基礎の身体作りとは? 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室が考える「基礎の身体」とは、無理な筋トレで身体を大きくすることでも、無謀なトレーニングで体力の増加を狙うことでもありません。

私たちがいう基礎の身体作りとは、瞬発力反射神経動体視力ボールとの距離感、、など、それぞれの競技に必要な神経系の能力を身につけることです。

他にも、バランスや体幹、タイミング、集中力や対応力など、実践の競技で必要な能力はたくさんあります。それを、実践の難しい動作をやりながら身につけていくのは、困難であり、基礎が固まりにくくなってしまいます。できる動作の中基礎を身につけることで、それを利用して自然と難しい動作もできるようになります。身体的な部分だけでなく、チームワークや向上心など、精神的な面でもここで身につけることができます。

つまり、必要な能力を身につけ、基礎を磨くことで、効率よく確実に競技に繋がります

未来を考える

基礎の身体作りが今後にどう繋がるのか? 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室でいう基礎の身体として、作り例えば、初めて野球をやる子が、いきなりホームランを打とうと思っても、バットにボールを当てることすら難しいでしょう。では、事前に、スイングに使う体幹力を入れるタイミングボールとの距離感、を身につけていたら、自然とバットにボールが当たるのは早いことが、想像できるかと思います。持っている能力を利用して得た成功体験は、記憶するのも早く、またそこを軸として応用ができるので、きっとホームランを打つことも、時間をかけずにできるでしょう。更に、この野球の例で言うと、投げる力が強化する肩関節の可動域ボールを目で追いかける動体視力持久力をつける肺活量、他にもコントロール力、反射神経、瞬発力、など野球に必要な様々な能力を身につけていたら、上達がいかに早いかは、目に見えます。

そして成功体験を早く確実に掴んだ子供は、向上心が湧いて、やる気へと繋がります。そういった面でも、基礎の身体が確実に競技に繋がることが見えてきます。

店内イメージ

競技にとらわれない空間作り 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室のいう基礎の身体作りなら、競技をやりながらでもできると思われがちですが、競技を始めたとき、子供は特に競技を実践したいと思うのは当たり前です。例えば、野球だと、広いグランドもあり、道具も揃っている環境の中で、基礎の身体を作る為に小さな動作をやろうとしても、バットで思いっきり打ったり、早いボールを投げたいと実践的なことがしたい思ってしまい、なかなか集中できません。ですが、基礎ができていない身体で難しい実践的なことをやっても、結局できなくてモチベーションが下がってしまいます

そこで、基礎の身体を作る為には、競技にとらわれないことが重要になります。なので、APO幼児教室では、室内安全面に配慮しながら、少人数制で一人一人に目が行き届く環境となっています。子供は楽しく身体を動かしている感覚で、基礎の能力が身につくと、実践で自然に能力を発揮でき、どんどんレベルアップしていくことが期待されます。

バスケットボール

より競技性を高める理由 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室では、基礎の身体作りの中で、競技ごとに分けることで、競技性を高めています。単純に身体能力を高める動き、例えば体育の授業などで行う動きは、確かにどの種目にも繋がる能力が身につきます。ですが、専門性は身につきません。身体能力を高めながら、そこに競技性をプラスすることで、より競技に生かされる能力を身につけることができます。

また、専門的要素が入ることで、自分の長所短所を見つけることができ、自分に合った競技を見つけることができます。つまり、才能を見つけ出すことができます。そこから更に競技に合わせて、長所を伸ばしたり短所を補う為のトレーニングや、補助の種目を選択することも可能になります。能力だけではなく、個人競技と団体競技など、精神面での特徴に合わせて選択もできるので、自分に合った競技をより早く確実に見つけることができます。

サッカー

「できるを磨く」の指導法 世田谷区 APO幼児教室

世田谷区 APO幼児教室で行う、「できるを磨く」とは、どういう指導法かというと、常に“できた!”の感覚を味わわせるというものです。難しい動きをできるようにするために、いきなりその動きをやらせてもできるまでに時間もかかり、集中力も保ちません。ですが、その動きができるようになるために、逆算して、できそうな動きから、できたら少しレベルを上げて、またできたら少しレベルを上げて、というように、常に、“できそう!”→“できた!”を繰り替えします。すると、できたことを生かしながら徐々にスキルが上がっていくので、いきなりだとできなかった難しい動きも、その流れでできるようになり、能力が確実に身につきます。つまり、基礎の身体が競技に確実に生かされる、ということに繋がっていきます。

また、子供は常にチャレンジをしながら成功体験を経験できるので、向上心が湧いて、やる気が出るとともに、楽しく素直に能力を身につけていくことができます。

ACCESS アクセス

世田谷区のAPO幼児教室は成城学園前にございます

概要

店名

APO幼児教室

所在地

東京都世田谷区成城1-2-7MEPOⅢ B1F

営業時間

10:00~19:00

電話番号03-5727-312103-5727-3121
定休日

不定休

スタッフ数

25名

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

アクセス

・小田急線「成城学園前」駅 徒歩13分

・小田急バス、東急バス「東宝前」停留所 徒歩3分

サミット成城店さん駐輪場近く。1階に写真スタジオ「Studio f-1 Seijo」。黄色い外観3階建ての建物の地下1階です。

無料見学、無料体験授業も承っています。

お気軽に、世田谷区 APO幼児教室までお問い合わせください。